彦根市役所へのリンクバナー
 
運営方針

彦根市立図書館運営方針

 本館を核に、動く図書館「たちばな号」の巡回、地域文庫の配置、団体貸出など本市全域図書館サービス体制のもと、今日の様々な社会情勢の変化にともない、より高度化・多様化した市民の学習ニーズに迅速かつ的確に対応するため、各分野の図書資料や情報の収集・整理・閲覧・貸出等の充実、他館との相互貸借制度の利用などを図り、『くらしのなかに役立つ図書館』づくりに努める。
 また、新しい情報通信技術が進展していく中、インターネット等を活用し、『誰もが、自由に、どこからでも、図書資料を検索できる読書環境』をつくるため、時代に即応した図書館サービスに努める。
 『舟橋聖一氏とその文学の顕彰』、併せて『未来を拓く青少年の読書活動の奨励』と『文学を通して地域文化の振興』を目的に、事業を推進する。
 『次代を担う子どもたちが本に親しみ、言葉を学び、感性を磨き、創造力を高める。』ことを目的に、「お話の集い」「わらべうたであそぼう」等、各種事業を開催し児童サービスの拡充を図る。 

重点事項

1 図書資料の充実
(1) 一般図書資料の収集整備
(2) 児童図書資料の収集整備
(3) 郷土資料の収集整備および新聞(地域紙)等のデジタル化
2 利用者サービスの向上
(1) 利用者の拡大促進
(2) 動く図書館、地域文庫など館外サービス活動の充実
(3) 児童サービスの充実
(4) 障害者サービスの充実
(5) 調査研究援助(レファレンス)の充実
(6) 各種展示・諸行事の開催
(7) 他館との相互貸借制度の利用
3 図書館システムコンピュータの管理
(1) 図書資料管理、検索業務の的確化、貸出業務の迅速化
(2) 他館とのオンライン活用による連携業務の推進
4 視聴覚ライブラリーの運営
(1) 視聴覚資料および機材の利用貸出
5 舟橋聖一記念文庫
(1) 舟橋聖一顕彰文学賞(「青年文学賞」・「文学奨励賞」)の作品募集
(2) 舟橋聖一文学賞事業の推進(前一年間に刊行の単行本小説の表彰)
(3) 遺品資料の管理と調査研究援助
6 湖東定住自立圏構想の推進
(1) 圏域内図書館の多様なネットワークの構築
(2) 拠点図書館整備の検討
 

トップページぺージの先頭に戻る