彦根市役所へのリンクバナー
 
評価・利用者アンケート

 平成29年度に実施しました利用者アンケートの結果です。
  ご協力、ありがとうございました。

  1. 調査概要
  2. (1)調査の趣旨
       主に、平成29年6月から実施している水曜日の開館時間延長について、
       利用者の反応を確認するために実施した。
    (2)調査場所
       彦根市立図書館
    (3)調査対象
       来館者
    (4)実施期間
       平成29年10月17日(火)~同11月30日(木)
    (5)調査方法
       開架室にアンケート用紙と回収箱を設置し、任意で回答を求めた。
    (6)回答数
        93枚

  3. 結果概要
  4.  (1)年齢構成
        70代以上が30%で最も多く、次いで40代、60代が多かった。
     (2)居住地
        市内が97%であった。市内の内訳は、金城学区が最も多く、
       稲枝北、稲枝東学区は0であった。
     (3)来館の方法
        自家用車が70%で最も多く、次いで自転車・バイクが多かった。
     (4)来館の目的(複数回答)
        本の返却、借り受け、予約本の引き取りを合わせると86%であり、
       ほとんどの人が本の貸し出しサービスを利用するために来館している。
     (5)水曜日の開館時間延長を知っているか
        約70%の人が開館時間の延長を知っていた。
       その内、約70%の人が館内の掲示で時間延長を知っている。
     (6)開館時間の延長についての考え(複数回答)
        現状でよいという意見が約50%である。
       一方、開館時間の延長や延長日の追加を求める意見も約35%あった。
     (7)主な意見とそれに対する回答
     皆さんからいただいた意見の内、主なものに対して回答します。
    • 開館時間の延長、開館日の増を希望するもの。
    • →利用者の皆さんの要望や利用状況を踏まえ、
      必要な経費、人員体制を含めて検討します。
    • 図書館の立地、設備に対するもの。
    • →平成29年3月策定した「彦根市図書館整備基本計画」に基づき、
      その整備に取り組んでいくこととしています。
      また、現在の図書館は老朽化が進んでいますので、優先順位をつけて修繕等を行います。
    • 蔵書の充実を希望するもの。
    • →毎年、本館とたちばな号(動く図書館)合わせて、約12,000~13,000冊の図書を購入しています。
      購入冊数を増やすことは難しいので、彦根市立図書館の収集方針を踏まえながら、
      魅力的な蔵書構成となるよう努めます。
    • 利用マナーに対するもの。
    • →利用マナーの向上に向けて、利用者の皆さんに向けての呼びかけ方法を検討します。
    • 職員の対応に対するもの。
    • →利用者の皆さんに気持ちよく利用していただけるよう、
      専門性、接遇の向上に向けて、研修などを行います。


  5. 結果詳細
  6. 結果詳細(PDF)

  7. アンケート用紙
  8. アンケート用紙(PDF)
 

トップページぺージの先頭に戻る